FC2ブログ

+++ヨムヨムライフ+++

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀覯人の不思議/二階堂黎人

  1. 2005.
  2. 05.
  3. 17
  4. (Tue)
  5. 23:18
忘れた頃にやってくる水乃サトルです。かなり変人だけど素敵に美しい青年が殺人事件にムリヤリ首をつっこんで解決するシリーズの大学生編。(個人的には社会人編が好きv)

今回は手塚治虫ファンの中で起きた殺人事件です。貴重な絶版本を巡るマニアの会話がなかなか楽しく読めました。(いつもなら確実に読み飛ばしの対象ですが…)

今回ちょっと興味を惹かれたのが、百貨店催事場で開かれる古書市についての記述。(最近あんまり見ないですね)
私は高校生の頃に少し神田をまわったりしてたんですけど、催事に行くほどではなく。とゆーか恥ずかしくていけなかった。なんか…個人的にデパートと古書って相対するものですよね。特に催事場って通路挟んで反対側ではパーティドレスコーナーがあったりして、くすんだコーナーにいる自分を想像したくなかったのもあり(笑)無意識?に見ないフリしてました…。古書に群がってるお客さんは服装もなんだかネズミ色だし…(ものすごい差別的発言)行ったことないのに何でそんなこと言うのかというと、昔学校の帰り道の東急(スーパーのほう)の催事場で、やっぱり古書市をやってたんです。隣が百均でもあんなに負のオーラを出していたのに、パーティドレスの隣の古本なんて想像したくない…!とゆー訳で、作中に出てくるような女子高生ミャーコ氏とかお嬢様の古書ファンは想像どころか妄想の産物だと思ってます…。神田でも若い女の子見たことないよ!(ここまで書いて思ったけど手塚治虫ファンにはいるのか…?)

そして肝心の謎解き部分ですが、結構好きかもです。私の謎解きは常に動機付けが基本です!でもあの動機は理解できるけど同意は致しかねます(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

Would you like to comment?


  管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TrackBack URI for this entry

side menu(1)

プロフィール

アマノ

  • Author:アマノ
  • 会社員…です。一応。
    ヨムヨムなどといったタイトルを付けているのに本の話が少ないなーと反省しているトコロです。最近は本作りも滞っているのでもう少し精力的に生活しないとね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

Powered By FC2 blog

FC2Ad


【 Template & Material 】
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。